So-net無料ブログ作成
SFビークル ブログトップ

【ポリス・スピナー 到着!】について語る [SFビークル]

以前に予約していた“ミラクルアクションヴィークル No.04 ポリス・スピナー”、
つまりスピナーが到着したので語らせていただく。

結構デカイ箱に入って届いたのでビックリした。
CIMG4874.jpg
映画のカットや資料の写真がデザインされた、
お洒落なボックスにまばゆいブルーのスピナーが入っていた。

これでもかってくらい綺麗に、
CIMG4875.jpg
ボディーのマーキングが再現されている。
(管理人はもう少しダルな感じが好きだが。)

目を凝らすと、
CIMG4878.jpg
奥の方にイラナイ子のブルーレイが入っていた。

パトライトはなんかかなりチャチな出来で、
ちょっとしたコトで壊れそう。
(うちのニャンのネコ・パンチ1発でKOしそうだ…。)

運転席はがらんどうで、
つい、つい西城秀樹のあの歌をって…。
この金額なんだからもう少し立派でも良かったと思う。

綺麗にラッピングされているので、
しばらくこのままで飾っておくことにした。

LDから始まって、
DVDは最終版とかファイナルカットとかコレクターズ・ボックスとか、
ブルーレイはコレクターズ・エディションをしぶしぶ買ってとか、

またまたブルーレイって…。
さすがに“お腹いっぱい”だ。

なんでスピナー単体の発売がないのか不思議。
またしてもワーナーの“ワナ”に見事にハマったわな。
お後がよろしいようで…。

【ミラクルアクションヴィークル No.04 ポリス・スピナー】について語る [SFビークル]

メディコム・トイから年末にポリス・スピナーが、
ブルーレイのブレードランナー・コレクターズボックスに
同梱されて発売になる。
838308.jpg
スピナー単体の発売がないらしいので、
これはスピナー・ファンならずともマスト・ゲットのアイテムになりそうだ。
管理人は予約をいれて一息ついたので語らせていただく。

これは有名な話だが、
2003年にメディコム・トイで版権がスピナーでは取れなかったのか
バックトゥーザフューチャー2の中で一瞬映ってた、
リペイントのスピナーをフューチャーカーとして発売した。

パト・ライトはついておらず、
真っ黒な車体で形だけスピナーというシロモノだった。

スピナーに換装できるトランス・キットなども発売され、
いまだにオクでは高額で取り引きされている。

今回、版権問題も片付いたのか、
メディコム・トイからちゃんとポリス・スピナーとして発売となる。
(ミラクルアクションヴィークル No.04となっているが、
01~03ってなんだったのか気になるところだ。)
MED-DVD2-08672.jpg

サイズは23.5㎝で、
フューチャーカーをそのままスピナーにしましたってコトらしい。
座席とかもそのまんまみたいなので、
チョットさみしい感じた。
(トランスキットで換装する人、いるんだろうなぁ~。)

年末は留ブラproとスピナーでジョニ黒を飲むなんてイイカモだ。
(大量の諭吉さんとお別れをしないとならないが。)

そうそうブルーレイはワークプリントもついてくるケド、
持ってるからイラネ。
年末はファイナル・カットの大安売りになりそうだ…。
まだ手に入れてない方は年末投げ売りになりますよきっと。



 

【カウボーイ・ビパップ ソード・フィッシュⅡ】について語る [SFビークル]

前回の予告のとおり、
“カウボーイ・ビパップ ソード・フィッシュⅡ”について語らせていただく。

アニメ“カウボーイ・ビパップ”に出てきた戦闘機が“ソード・フィッシュⅡ”である。
CIMG4766.jpg
“カウボーイ・ビパップ”について若干説明をするが、
あのガンダムシリーズのサンライズで創ったアニメだが、
まったく違った路線のハードボイルドなアニメーションである。

犯罪者が増えた近未来で、
“カウボーイ”という賞金稼ぎの主人公スパイクと、
ビパップ号を所有し同じく賞金稼ぎの相棒ジェット、
ひょんなことから同乗することになった1匹と2人の女性?の物語だ。

当時、内容がハード過ぎて6時の放送枠で全話の放送が出来なかった
という曰く付きのアニメーションらしい。

サンライズなのにロボットは登場せず、
毎回変る菅野ようこのひたすら熱い音楽と、
傷だらけの天使や探偵物語(TV版)を彷彿とさせる、
オトナ向けの仕上りが印象的だった。
オープニングからして菅野ようこの音楽にドップリ浸かれる。

管理人がカウボーイ・ビパップを知ったきっかけは、
キアヌ・リーブスで映画化されると言う記事を読んで知ったのだが、

先日ひょんなことからDVDを貸してくれる人がいて、
観てみたらこれが見事にハマった。

話がそれたが“カウボーイ・ビパップ”の賞金稼ぎ、
スパイクの愛機が“ソード・フィッシュⅡ”である。

赤の機体が超クールで、
主砲のプラズマカノンがいかにもって感じだ。
CIMG4765.jpg
なんかレトロな機体は、
宮崎ナウシカのアスベルのガンシップを彷彿とさせる。

今回はバンダイのポピニカ魂からの発売で、
本当にデキがイイ。
CIMG4761.jpg
機体が細身なので、
このスケールではズッシリ感はないが、
アニメを再現したギミックは素晴らしい。
CIMG4762.jpg
後は、アニメと同じダメージ・バージョンを創ってほしいなァ。



SFビークル ブログトップ