So-net無料ブログ作成
パルスライフル ブログトップ

【Pulse Rifle kit G&P パルスライフル キット】について語る 完成編おまけ [パルスライフル]

完成報告を終えたばかりである“パルスライフル”だが、
やっぱり気になったのでココを直してみた。

pulse_rifle top.jpg
丁度スパスのハンドガード部分にあるビス2個のモールドだ。
ココの部分のプロップ画像があまり無いため、
コレが正解の形なのかわからなかったので、
好きに作る事にした。(ってオイオイ…。)

平ビスを六角ネジ風にして、
土台をプラリペアで作成したのがコレ、
ビス1.JPG
時間が掛かったワリにはかなりイマイチ…orz。
ビスの大きさが足りないのと、
モールドが甘くかなり雑で残念なデキだ。

なので、
もう一回イチから作り直した。
六角ネジはプラリペアで、
土台となる部分はプラバンで制作した。
ビス2.JPG
前回よりも短時間で、
しかも精度が上がっていると思う。
塗装してみたトコロ、
ビス3.JPG
こんな感じ。
最初からコレでいきゃぁ良かった。

でもって早速貼り付けてみた。
ビス4.JPG
なかなかイイではないか。
プロップ・レプリカはより少し短めに作って、
ネジとのバランスを良くした。(オレ解釈!)
ということで本当にパルスライフルはコレで終了!

と思ったら、
こっち側にも穴開けなきゃ…、
ビス5.JPG
同じ位置に開けて完了。

コノ穴が気になったのでさらに、
M4タップでネジ山を切って、
ホムセンで買って来た100円のイモネジを装着した。
pulse rifle last.JPG
気分的に変わった程度…カナ。

ふと思ったのだが、
年末のプロップ・レプリカ買う必要が…アル?
う~ん、悩むところだ。

【Pulse Rifle kit G&P パルスライフル キット】について語る 完成編 [パルスライフル]

パルスライフルがようやく完成したので語ってみる。

結構時間は掛かったが、
その分イイ感じに仕上がった。
pulse rifle.JPG
トイガン用のスリングではないが、
フックがプラで軽く、傷が入りにくいので付けてみた。

こちら側からの改造したトコロをまとめてみると
pulse rifle l.JPG
ストックはこの面が最後まで手間がかかり、
結果的には綺麗にツライチになったのだが、
塗装してはやり直しの繰り返しでホント疲れた…。

反対側は、
パルスライフル1.JPG
こんな感じで、

パルスライフル .JPG
まっ、グレーネードのモールドはご愛嬌と言う事で、(ツッコミは無しで)
ストックは一体モノになんとなく見えるでしょ?

オリーブ・ドラブはタミヤ・スプレー2種とMr.スプレー2種の計4種を比べてみて、
DVDの画像とにらめっこしたところ、
当初に使ったMr.スプレーの№12を使った。

ワザと近づけて吹いたり、
多めに吹いたりと雑な仕上げにした。
パルスライフル 0.JPG
ストックやスパス部分、金属パーツはブラックスチールのみ、
キットは灰色過ぎてトンプソンと違和感があたっが、
ブラックスチールの黒が茶系の色合いなので、
金属黒染めのトンプソン・アッパーと相性がいいみたいで、
気に入った仕上がりになった。

実際にフルオートで試射してみたら、
カウンターがガンガンへってくのはかなり快感!

ん~アトは火の出るアレか…。

【Pulse Rifle kit G&P パルスライフル キット】について語る 改造編 [パルスライフル]

留之助ブラスターの時もそうだったが、
今回も少しのツモリで手直ししてたら、
またもや止まらなくなってしまったので語らせていただく。

G&Pのこのキットはスタイルはなかなかイイのだが、
プロップ・メーカーではないので、
適当に作られていたり、強度のためかプロップと異なる仕様になっている。
仮組み.JPG
そこで少々手をいれてみた。

上の写真ではわかりづらいが、
弾装部分のカバーが閉まり切れていない。
カウンター電源.JPG
これはカウンター用バッテリーが干渉しているためなので、
ケースの前側2面を削り取り、
シュラウド方向にバッテリーを逃がして解消できた。

カバー.JPG
また、カバーのツメを大きくして掛かりを良くし、
パーツの付け根を(ビス止めされてい基部)を補強しテンションを上げたので、
以前のように抜け落ちる事がなくなり、振り回しもOKだ。

今回の改造するキッカケとなったのが“ストック”だ。
プロップはプレス加工の様な一体モノなのだが、
G&Pキットは強度のためかアルミとプラのパーツになっている。
色を合わせてみたがイマイチなので改修した。

ストックのアルミ・パーツとプラ・バットプレートがツライチになるように、
プラリペアを盛ったり、削ったり。
ストック.JPG
この作業簡単に終わると思ったらトンデモなかった。
プラ・バットプレートがかなり適当に作られてるんで、
ひたすらヤスリがけの日々。
これだけで4日も費やした。

スリングを着けるための留め金は、
トンプソンのスリングの金具を切り離して、
ドリルで穴を開けて接着。
フロント.JPG
コレがフロント部分。
スリング付ける位の強度はあるでしょ。

見えずらいカモ知れないが、
フロント2.JPG
丸い部分に裏からプラバンを貼った。
コレは超簡単。

最後にカートだ。
キットはなんとショットガン・シェルが入っている。
カート.JPG
先と端を利用してグレネード風にした。

今塗装の真っ最中なので完成後にまた語らせていただく。

【Pulse Rifle kit G&P パルスライフル キット】について語る 制作編 [パルスライフル]

モノ依存症の管理人がキットを買わないワケがない。
そこでキットが到着したので制作についてのアレコレについて語らせていただく。

ちなみにお買い物は海外からだったが、
ヤレヤレの顛末はこちらのブログで語ってみた。
http://ameblo.jp/monoizon/

到着したキットは初期型で、
シュラウドやストックの形状がプロップに近いものだ。
kit1.JPG
本体以外の外装パーツはほとんどがアルミと思われる金属パーツでなかなかのデキだ。

このキットは付属のCDロムの写真データを見ながらの制作になる。
これから手がける方のために自分が苦労したコトなどを書いておく。

【はじめに】
これだけは用意しておいた方がいいモノ
① ピンバイス
② ハンドタップ
③ 電動ガン用コネクターのピン抜き
④ ヤスリ
⑤ ハンマー

【ストック部】
ストック.JPG
トンプソンの丁度リアサイトの辺りに取り付ける、
ストックをスライドさせるためのパーツが1ミリほど太いので削る…ひたすら削る。
ストックのバットプレートとなるところも、
きつくてアルミのパーツが入らないのでココもひたすら削る。

【コード】
コード.JPG
付属する電源コードはバラバラだとといいのにしっかり組んである。
コネクター部分とコードをバラさないといけないのでピン抜きで抜く。

【カウンター・コード】
カウンター・コード.jpg
管理人の個体だけかもしれないが、
バレルの前にBB弾をカウントする部分があるのだがソコまでコードが延びない。
長さが圧倒的に足りないと思ったらビス止めしてある基盤部分の中でうねってた。

【ノズル部分】
a022.jpg
スプリングを止めるドデカイ・ワッシャー?
これハンマーでかなり強めに叩かないとハマリません。

【シュラウド部分】
シュラウド.jpg
最後の難関、
シュラウドを合わせるのにピンを打ち込まないといけないんだけど、
これがなかなか入らない。
だいたい作り方がアバウトなのでアナの大きさがマチマチ。
そこでピンバイスでアナをグリグリするとOK.。

シュラウドの穴もそうだが、
金属パーツの穴もズレてたりするので、
タップで切り直すと吉。
ムリにねじ込むとネジヤマが逝かれちゃうので注意。

アト、シュラウドのサイト部分は別パーツで塗装してないので、
Mr.スプレーの№12 オリーブドラブ アメリカ陸・空軍用で塗装した。
この色だと若干明るいのでオリーブドラブ2の方がいいかも。

1時間で制作できるような事を読んだことがあるが、
管理人は半日ほど費やした。
出来上がりは後日報告したい。

【Pulse Rifle kit G&P パルスライフル キット】について語る [パルスライフル]

前回、パルスライフル・レプリカについて語った管理人であるが、
こちらはプロップ・レプリカで可動部の少ない鑑賞用だ、
そこで以前発売されたキットについて語らせていただく。

東京マルイのトンプソン・マシンガンのコンバージョン・キット
GP-ACC-gp132.jpg
“G&P M41A Alien Pulse Conversion Kit for Marui M1A1 series ”

こちらは、トンプソンの電動ガンを組み込むことで、
発射機能があり、しかもデジタル・カウンターがカウント・ダウンするスグレモノ。
GP-ACC-GP132B.jpg
これだったらバリバリ打ちまくれて、
しかも強度もバッチリだ。
マルイ・トンプソンが金属アッパーなので重量感もある。

当時キットが6万、完成品が10万ほどで売られていて、
生産数も少なく高額だったのか現在はレア・アイテムになっている。
現在、日本国内では入手が特に難しく、
オークションでたまに出品されるが高額だ。

よって“パルスライフル キット”でググッてみても、
個人所有のものしかヒットせず、
これは手に入らないとお嘆きの“アナタ”、
どうしても欲しいが高くて手が出ない“アナタ”は、

“Pulse Rifle kit”で検索すると、
今でも“In stock”在庫ありの海外のショップがたくさんある。
つまり、海外から買えるワケだ。

香港のショップなら
http://shop.ehobbyasia.com/
アメリカのショップなら
http://www.airsoftpost.com/index.php
まだまだあるが、
ここら辺ならショップとして安心か?

ちなみに香港のショップ389USD,
つまりUSドルで389ドル、
日本円で3万8千円、
コレに送料入れても4万チョイで買えちゃう。

オクでトンプソンが1.5~2万で手に入るので、
6万チョットで完成。

支払いは海外ならPaypal使うと、
カード情報が読み取られる事も無く、
手数料もタダだから安心して購入できる。

今、Paypalは日本語対応してるから、
以前のようにフォームが英語ではないので、
英語が苦手な人でも簡単に登録できる。

管理人がココまで書いたということは…。
以下後日。

【パルスライフル スケールレプリカ】について語る [パルスライフル]

ハリウッド・コレクティブル・グループからFOXの正規ライセンス商品として
パルスライフルが今年の11月に発売とのことなので語らせていただく。

pulse.jpg

“パルスライフル”とは、
エイリアン2で海兵隊が制式採用しているM-41Aというライフルの通称である。
火薬式ではなくレーザーパルスシステムを採用しているためこの名前がついた。
本来ケースレスの弾薬で(立派に排莢されるシーンがあったりするが)、
カウンターの数字が減りながらバリバリ撃っているシーンは格好良かった。

特に映画の後半に主人公のリプリーが、
火炎放射器とテープ合体させて使用するシーンは圧巻だ。

プロップの構成は、
トンプソン・マシンガンで銃身が、
トンプソン.jpg
レミントン870とスパス12というショットガンでグレーネード部分が
pulse2.JPG
作られていて、カバーとなる本体で見事に合体している。

今回のプロップ・レプリカだが、
ハリウッド・コレクティブル・グループで所有するプロップを元に作成され、
以前アイコン社で作られたレジン一発抜きっぽいレプリカよりも、
格段にディティールもアップしている。
スタンド.jpg
ウォールディスプレイ付でカウンター点灯等のギミックも、
思わず“ニヤリ”とするものだ。

また、生産数が1000個しかない事と、
FOXの正規ライセンス商品となればファンならずともマスト・アイテムだろう。
モノ依存症である管理人がここで動かないハズがない。
とりあえずブリさんでポチっとした。

金額的にはハリコレさんの方が安いが、
ハリコレさんは予約品にポイントが付かないため、
ポイントが10%還元のブリさんがお徳か?
パルスライフル ブログトップ