So-net無料ブログ作成

【留之助ブラスター シグネチャー・エディション】について語る [デッカードブラスター]

もはや何も語るまいと思ったが、
しかし、やはり紹介しないといけないと思い直し書くことにする。

連休の初っ端、
まだお酒が入っていないスッキリした頭で語らせていただく。

箱はなかなか立派で、
TB (1).jpg



ちゃんとコレ用の箱に入れられてきた。

徳氏と佐藤氏のサインが入ったタグと、
TB (5).jpg



ハリソン様がサインしてるとこの写真がついてきている。

蓋を閉めても隙間が出来る構造になっていて、
TB (2).jpg




ブラが入った箱とサインプレートとが直接干渉しない様になっている。

ハリソン様のサイン、
TB (3).jpg



取り外してマーク様のと並べたいと思っている。

第一印象は、
TB (6).jpg



結構レシーバーの色みが黒い。

レシーバーとブルドックの色がうまい具合で、
TB (8).jpg



二人が仕上げたものだが全体として違和感が無く仕上がっている。

ブルドック部分も綺麗に染めてあって、
かなり手間がかけられているのが伺える。

レシーバーは非常に綺麗に仕上げられていて、
TB (16).jpg



オイルで濡らすとたまらない色になる。

銃身とレシーバー、ハウジング、
TB (11).jpg



この角度から見るとまるでワーコン写真みたいだ。

L,Rカバーのダメージ表現や、
TB (10).jpg




オーバーサイズ・グリップの剥げチョロ表現も完璧。

グリップエンドはラウンドされているのと、
TB (12).jpg



オーバーサイズ・グリップと一体のように削り込まれている。

シリンダーには回転跡が付けられていて、
TB (15).jpg



見えないところにも手抜きが無い。

まさに“家宝”、
TB (7).jpg




管理人が天に召されたら一緒に埋葬して欲しい。
nice!(0)  コメント(2)