So-net無料ブログ作成

【留之助ブラスター ライセンス・エディション】について語る [デッカードブラスター]

ついに留之助商店がライセンスを取得し留之助ブラスターが、
デッカード・ブラスターの正規プロップ・レプリカとなって発売された。
TB_LE (1).jpg



実際にブレードランナー2049でレシーバーやパーツがそのまま使われているので、
このライセンス・エディションが正真正銘のプロップ・レプリカとなったワケだ。

デッカード・ブラスターを愛してやまない管理人、
この記念となるこのモデルを買わないと言う選択肢が無かった。

なので、今回はライセンス・バージョンの仕様や、
気になったトコロなどについて語らせていただく。

PROではメッキだったレシーバーやトリガーガードに加え、
TB_LE (2).jpg



今回はブルドッグ部分などがザラリとした黒塗装になっている。

ボルト部分のシルバーもザラリとしたシルバー塗装になっていて、
TB_LE (4).jpg



管理人、怖くてボルト・ハンドルを引けない。

グリップの仕上げや色、
TB_LE (5).jpg



それに透け感がオリジナル・プロップに近くなってイイ感じだ。

ライトカバーの感じもなかなかいい曲線で、
TB_LE (7).jpg



PROからかなりアップグレードされているのかもしれない。

右のグリップなどもクチバシの長さが変わっていたり、
アールがついたりとオリジナルに限りなく近づいている。

ただ、いいことばかりではなく、
ちょっと気になる部分があるので書いておく。

ブルドッグ部分の成型時に出来たピン跡が処理されず残っていて、
TB_LE (3).jpg



その上に塗装が乗っかっているので直しようがないのと、

新品の状態で、すでにスウィングアウトした跡がこのピンのそばにあり、
塗装ハゲが心配でスウィングアウトが出来ないコトだ。

某掲示板でも指摘のあったハウジング部分の仕上げも、
コキズが多くてかなり安っぽい。

税込みで9万もする商品でちょっとこれは酷いし、
留ブラ初心者で初購入ならさぞガッカリしたことだろう。

総評として初のライセンス版プロップ・レプリカとして価値はあると思うが、
もう少しパーツの下処理をしてから組んで欲しかった。

P.S.
カート部分のウレタンは別になっていて、
TB_LE (10).jpg



入れ替えることが可能で、

自分はレーザーサイト側を下にしたくないので、
TB_LE (11).jpg



めでたくコッチ向きで保管が出来る。

ウレタンの下に、
TB_LE (9).jpg



マイナス・ネジやレンチが入っていた。
nice!(1)  コメント(2)