So-net無料ブログ作成

【只今製作中】について語る その2 [デッカードブラスター]

結構頑張っているのだが、
なかなか進まないブラスターの製作。

今回は、前回の写真が酷すぎだったため撮り直したパーツや、
現在の進捗状況などについて語らせていただく。

なんといっても超難関だったのは、
“レシーバー”である。
kit2 (1).jpg



小さいパーツのブルーイングは、
比較的簡単に出来ちゃうのだが。

一番の大物であるレシーバーはホント大変で、
一度失敗してイチからやり直している。

写真ではムラに見えるところは、
実はオイルのムラで、

実際は均一に綺麗に染まっていて、
今回目指した色合いになった。

今回気をつけたコトを、
書き出してみるのでブルーイングに挑む方は参考にして欲しい。

①表面の仕上げはほぼ鏡面まで仕上げる
②室温がかなり大事で25度くらいまで上げた
③ブルー液は原液を使用(バーチウッドのスーパーブルー)
④1度に全体をやらずに部分的に行い、
 必ず水洗いして反応を止める(2秒程の時間で塗布)
⑤表面を荒らさないために1日1回しか染めない(計4回染めた)
⑥染め終わったらキングブライトでさっと磨く
 (ピカールでも可)

特に1度表面が荒れてしまうと、
決して元に戻らなくなるので注意が必要だ。
(赤錆のようなスラッジが出て、表面は泡立ったようにデコボコになる)

管理人も、一度荒れた表面をすべて削り落としてから、
今回ようやく成功した。
kit2 (2).jpg



結構深い色に染まっていて、
惚れ惚れするくらいイイ感じだ。

後、時間が掛かったといえばコイツだ、
オーバーサイズグリップ。
kit2 (3).jpg



簡単な気持ちで手を掛けたのだが、
コレだけでほぼ1週間、延べ60時間以上掛かっている。

比較的硬いモノのヤスリがけの方が簡単で、
中途半端な硬さのアルミってホント難ブツだった。

番手を上げないと削れてこないし、
ヤスリの跡を消すのが大変で二度とやりたくない。

グリップの磨きも途方もない時間が掛かって、
やっとコンだけ綺麗に磨きあがった。
kit2 (4).jpg



ウレタンクリアーとか吹いて仕上げることも出来たが、
今回は徹底して“塗装しない”コトに拘ってみた。
kit2 (5).jpg



ココの綺麗なラインが、
ホントのたまらなくイイ。

前回、見づらかったボルトハンドル、
実際はこんな感じで綺麗に仕上がっている。
(手前に見えている筋はオイル)
kit2 (6).jpg



均一な深いブルーで、
表面はピカピカである。

残すところは銃身とシリンダーなんだが、
コレ絶対難しいし時間掛かるよね……orz
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

♡ Claire ♡

さすがです!素晴らしい♪
見ていて「うっとり♪」しました。
本当に大変な事をされているのは見ただけでも分かります。^^;
綺麗ですね♪

この時期の気温は本当に難しく、温度差で気泡が出たり、色むらが出たりします。削りに関しては、急がずゆっくり心しず寝て丁寧にするの事が大切で、心が揺らぐと手元に直結すます^^;
特に私の場合は^^;

本当に素晴らしいです♪

Ps.私のブラスターはグリップの部分だけをパーツ取りできないか、聞いてもらってます。留之助ブラスター2049のパーツリストから作成会社を当たり、部品番号からパーツ取りをする予定です。

by ♡ Claire ♡ (2017-12-15 02:32) 

たとおいね

正直ココまで大変だとは思ってないでのスタートでしたが、
レシーバーはホントに心が折れそうになりました。
もともと自分はモデラーでもなんでもない只の“オヂサン”なので、
道具と言えば金属棒ヤスリとサンドペーパー、
人より数倍時間が掛かっちゃうんです。
モノ作りは最近、ようやくですが自分で満足できるレベルに、
少し近づいてきたかなって感じの“素人”なんです。
なので、あんまり褒められると、
ハードルを上げないと駄目なような気がして、
さらに頑張っちゃう単純人間なので、
ほどほどでお願いしますね。
ただ、モノを作るってコトは、
時間を忘れて没頭できるのでホント楽しいですよね。

おおっ、ブラスター・グリップを問い合わせ中でしたか、
うまく取り付けれるといいですね。
by たとおいね (2017-12-17 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。